オフィスレイアウトのデザインを効果的に行うには

  • オフィスレイアウトのデザインは一定の決まりがある

    • 職場の仕事を効率化させるために、オフィスレイアウトのデザインを工夫している会社が増えてきています。


      社員が10数人ぐらいの小さな会社であれば、わざわざアウトソーシングでオフィスレイアウトのデザインをほかの業者に任せる必要はありませんが、社員が100人以上おり、一つの部署だけでなく全体の部署を効率化させるためにオフィスデザインを変更する場合は、オフィスレイアウトの専門の業者に依頼することが多くなっています。

      業者に任せると、一般的には対面式レイアウトと呼ばれる座席の配置にしますが、場合によってはスクール式レイアウトやフリーアドレス式レイアウトなど、さまざまなバリエーションのレイアウトを考えてくれるのが特徴です。
      もちろん、これだけでは業者に頼む意味がありません。



      業者はさらに深い考察をしています。
      例えば、事務所を借りる時には人が通れるスペースを確保して、机を配置していきますが、この人が通れる通路の広さや、一人当たりの座席が占有する面積も細かく弾き出すのが特徴です。

      一般的に、人が一人通れる通路で余裕がある幅は80センチです。

      OKWave情報はこのサイトにおまかせ下さい。

      頻繁に人が往復する会社のオフィスの場合は通路を160センチに設定しています。


      人が頻繁に通るのに、80センチか幅がない場合は、作業効率が悪くなるため改善をするべきでしょう。



      一人分のデスクの幅も決められており、横幅を120センチ、たての幅を160センチから170センチに設定すると仕事をしやすい座席になります。

top